HIV検査の方法をリサーチしよう|自宅でも検査ができる

医者

結婚前に一緒にチェック

顕微鏡

東京では結婚する予定のカップルが、事前にブライダルチェックを済ましているというケースが増えています。ブライダルチェックでは、性病検査などを行ない、さまざまな健康状態を知ることができるので需要が伸びているのです。

More...

好きな方法をチョイス

注射器

HIV検査を行なう場合は、さまざまな方法を選択することが可能です。まずはクリニックに行って、HIV検査をすることが挙げられます。内科や、婦人科、泌尿器科や性病科などで受診すれば検査することができるはずです。検査結果が出る期間は、すぐにわかる場合もあれば、一週間程度時間がかかる場合もあります。すぐに検査結果がわかる場合以外は、クリニックを再び受診して、医師から報告を受けるかたちになるでしょう。また、保健所でもHIV検査をすることは可能です。費用がかからないですが、指定の曜日や時間に限ってのみHIV検査を行なっているケースもあります。予約が必要なこともあるので、いずれにせよ、自治体の保健所に確認する必要があるでしょう。また、自宅に居ながらにしてHIV検査を行なうことができる方法もあります。それは、郵送キットを利用したHIV検査になります。抗体をチェックするので、クリニックや保健所と同じように信頼性が期待できる検査方法になるといえます。具体的な検査方法としては、血液をろ紙に染み込ませてチェックすることになります。指先の痛みが感じにくい箇所から血液を採取して、郵送します。とてもシンプルで簡単にできるので、利用者が増えているといいます。郵送でのHIV検査は、いつでもすぐに検査できるのがよいといえます。陰性であれば、翌日の夕方には結果が出るというスピーディーな検査ができるのも魅力になります。郵送キットは、3500円程度で購入することができるので、リーズナブルだといえます。

自覚症状がないケースも

研究

性病の恐い特徴として、本人に自覚症状がないことで、感染を拡大させてしまうことが挙げられます。特に女性は自覚症状が出にくい性病も多いため、一度は性病検査を受けた方がよいといえます。

More...

こんな症状に注意!

チェック

性器を中心に身体の調子がいつもと違うと感じた場合は、性病の疑いがあります。クリニックで性病検査を受けて、治療を進めていきましょう。早めの受診が大切になります。特に注意をしたい症状をみていきます。

More...