こんな症状に注意!|HIV検査の方法をリサーチしよう|自宅でも検査ができる

HIV検査の方法をリサーチしよう|自宅でも検査ができる

ドクター

こんな症状に注意!

チェック

性病検査を検討している人は、できるだけ早く受けた方がよいといえます。性病は、本人も気づかないうちに病気が進行したり、他人にうつしてしまったりと、深刻な事態に発展することがあるのです。最悪のケースでは死に至るような重大な性病もあるので、必ず性病検査を行ない、治療を進めていくことが必要になります。では、どのような症状があれば、速やかに性病検査を受けるべきなのでしょうか。まず、男性と女性によっても症状は異なってきます。男性で多いのは、性器周辺の異常です。痛みがあったり、かゆみが出る場合は、性病検査に行った方がよいでしょう。また、腫れたり、できものができる場合も性病の疑いがあります。さらに、性器の周りの皮膚がただれたり、粘膜の様子に違和感を感じる場合も危険です。それから、性器以外にも全身がだるい、熱がある、下痢が続くといった身体の不調が性病と関係していることがあります。次に女性の場合の症状の特徴をみていきましょう。女性は性病は、おりものの状態に現れやすいので、ニオイがあったり、血が出ていたり、色や量がいつもと違うといった場合は、性病検査をした方がよいといえます。また性行為を行なうときや、排尿のときに痛みがある場合も注意が必要です。他にも、痛みやかゆみ、皮膚の異常など、少しでも異変を感じたらクリニックに行って相談してみることをおすすめします。即日で検査結果が出る性病も多いので、少しでも不安を感じたら性病検査して治療をするようにしたいものです。